--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.13

RDG

3年振りの荻原さんの新刊ですよ、やったー(´∇`)ノ

発売日に近くの本屋をめぐりましたが売ってませんでした・・・。
くそーっヽ(`Д´)ノ

発売日の次の日が神話シンポジウムだったので、神保町の書泉で手に入れましたよ(´・ω・`)
近くに大きい本屋が欲しい・・・(´;ω;`)

新シリーズということで、事前情報は何にも入れないで読みました。
ハードカバーで、装丁もきれいな本でしたよ~!

RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る


↓解説文↓
山伏の修験場として世界遺産に認定される玉倉神社に生まれ育った泉水子は、
突然東京の高校進学を薦められる。
しかも父の友人の息子で、山伏の修行を積んだ深行を下僕として一生付き添わせると言われ…。
新感覚ファンタジー。


ちなみにタイトルのRDGは レッドデータガール、
レッドデータ=絶滅危惧種なので
非常に稀な女の子、って感じでしょうか?


で、続きは!早く続きをっ!!!(゜д゜)

字が大きめで行間が開きまくってるので、ハードカバーの割に
ちょっと冒険しただけで1冊終わっちゃってて!
早くもっと展開を読みたいです・・・。

主人公の泉水子ちゃんが箱入り娘で内気な自分を変えようと決意、決心し、
住み慣れた自分にとっては守護されている寺から離れ、
自分は一体何者なのかを知る旅へ出ようとするところで終わってしまっていて
感想も何も、もっと読ませてくれないと感想が書けないっ!!!

とりあえずお友達のパパンがとてもイイ性格をしています・・・。
京極の榎木津さんを思い出したよ・・・。
33歳、子持ち(14歳の)、外見は20代にしか見えず、突拍子もない行動をする
性格が読めないパパン・・・(゜д゜)
それに振り回されるお子様、深行君も可愛い・・・。

しかしハードカバーなのに続き物、一体何冊かかるんでしょうか・・・。
ちょっと不安ですよ(´∀`)
(全部買いますけど!)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://misara.blog35.fc2.com/tb.php/243-462fce58
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。