--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.11

探偵ガリレオシリーズ

テレビでもドラマ化され、現在映画もやってる大人気シリーズです。
東野圭吾作品は初めて読みましたよ!あれだけいろいろ出てるというのに!

『探偵ガリレオ』&『予知夢』
短編が何作か入っていて、大変さくさくと読みやすく、面白いです。
ドラマと違うのは相棒の刑事役が男の人であること。
ってか!女じゃなくていいよ・・・!やっぱり男の人の方がいいよ・・・!!!
月9ドラマなんかにするからヽ(`Д´)ノ
ガチンコで相棒とかSPみたいな男のロマン!熱き友情!(いや、彼らは悪友か・・・?)
みたいなドラマ版がみたかったなー。
こないだドラマで番外編をやってくれて
ちゃんと草薙さん(刑事の人)がメインで出てくれたので満足ですが。
ドラマを見ていたせいで湯川はおもいっきり福山フェイス&ボイスが脳内再生されてました。
人がどのように殺人されたのか、事件が起こったのか、オカルトにしか見えない物を
物理学者が論理的に解いていく様がおもしろいです。
しかも途中で種明かしをしてくれず、最後にこうなんだよ!とばばーんと出してくるので
最後までどきどきしながら読むことが出来ました。

『容疑者Xの献身』
これは短編ではなく一冊の長編。
もともとは高い能力を持っていた数学の学者さんが、紆余曲折の末数学教師に。
他人ともなじめない彼には恋する女性がいた・・・。
その女性に起こってしまったことを身を挺してかばっていくのですが
この話のすごいところは最後の最後まで全くトリックが見えなかったこと・・・。
そこら中にヒントはあったのに、全然わかりませんでした。
最後の湯川の謎解きの回答の台詞まで・・・。
人物の心理描写や物語の進め方、全て完成された一品だと思います。

映画も見に行ってみたいな~・・・・。

さくさくと読め、万人受けする良い娯楽小説だと思います!面白かった!
続きも読むぞ~っ♪

探偵ガリレオ (文春文庫)探偵ガリレオ (文春文庫)
(2002/02/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://misara.blog35.fc2.com/tb.php/265-d3f2be73
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。